転職して人生が変わった、私がブラック会社からホワイト会社に転職したお話

f:id:yaaf:20181005011338j:plain

皆さまこんにちは。

 

今回は、

 

・1度転職を経験した私がどのような経緯で転職を決断したのか。

・どうやって転職したのか。

 

についてお話ししたいと思います。

 

この記事は、

 

転職に悩みを持っている人がいたら前向きに考えてほしい。

あなたの事を必要としている企業は必ずある、だから視野を狭めないでほしい。

 

この2つを伝えたくて書きました。

 

 

少し私の話をします。

 

私は新卒で入社した会社を辞めその後転職、今は大手大企業に勤めています。

 

いわゆる第二新卒からの転職です。

 

以前働いていた会社の激務の中でも腹をくくり転職した事は今でも正解だったと思っています。

 

ちょっと前置きが長くなりましたが、読んで頂けたら嬉しいです。

 新卒からの就職

私はお世辞にも頭が良かったとは言えません。

 

むしろ、学年の成績では常に全体人数の半分以下の順位でした。(相当頭悪いです)

 

あの頃は勉強が嫌いで授業も寝ていたり、適当に過ごしていました。

 

私達の学校の進路が就職の者は、学年の成績が優秀な順番に求人票の学校推薦をつかみ取っていく流れでした。

 

いわゆる内申点というやつです。

 

もちろん私は適当に過ごしていた身です。

そんな奴が競争率が高い大企業の推薦、ましては第1希望をつかみ取れるはずがありません。

 

周りには「絶対無理だよ」と言われながらも第1希望にとある大企業を選びました。

 

結果は分かりきっていました。

 

私は学校推薦を落ち、希望していた企業の面接すら受ける事が出来ませんでした。

 

そして成績上位者がおのおのに良企業の推薦を持っていった後に残った求人票だけが残りました。

 

悪い言い方をすると「余りもの」です。

 

私はその残りの求人票の中で、手取りが高い部類に入る会社を第2希望としました。

 

しかしここで私がしてしまった大きな過ちは「自分のやりたい業種では無かった」という点です。

 

この行動が後に私の転職を決断する大きな原因になります。 

 

第2希望の会社の内定をもらう 

希望を出してからしばらくして、第2希望の会社の学校推薦を無事につかむ事が出来ました。

 

その会社の業務内容は工場業務で、車両の部品販売、検品作業を行う会社でした。

 

求人票の内容からボーナスの支給も年2回、福利厚生や休暇等(有給休暇)もしっかりと整っている中小企業でした。

 

その時の私はそれでも嬉しいと思っていました。

 

後に面接の日程が決まった私はまず企業に挨拶に行きました。

 

正直あまり印象はありません。

 

「自分はここで働くのか」と。

今思うと何とも適当な感情だけを抱いていました。

 

そしてあれから数日たち迎えた面接当日。

 

担当部署の上長の方は私を温かく迎い入れてくれ面接も好調に終わり、

私も「この会社ならとりあえず大丈夫かな」という安心感を抱いていました。

 

その時はあまり自分の今後の人生の事は考えていませんでした。

 

その後、会社から連絡があり内定をもらう事が出来たのです。

 

 

新卒で初めて入った会社

学生生活を終わり、卒業した私は社会人1年目になりました。

 

最初のうちは仕事を覚えるのに必死で苦労しましたが、時間をかけてゆっくりと業務に慣れていきました。

 

しかしどうしても慣れない事がありました。

 

「人間関係」です。

 

田舎の工場ということもあり、小さなことで直ぐに職場内に噂が回る、

非常に人間関係が悪い会社だったのです。

 

長年勤めている先輩に目を付けられある事無い事陰口を言われている状態でした。

 

ある時は誤った噂話を信じた先輩に胸ぐらをつかまれた事もあります。

 

しかし社会人である上でこういった人間関係のトラブルは必ず巡ってきます。

 

私自身、人に気を使うのが苦手だったため世渡りが下手だったのです。

 

日に日に小さな不満は確実に私の中に積もっていきました。

 

業務が多忙のため休暇を貰えない

私の職場は常に人手不足でなかなか休暇を取る事が出来ませんでした。

 

会社に入ってから気付いたのですが、従業員の離職率も非常に高く私が勤めている間に何度も人が入れ替わっていました。

 

理由は分かっていました。

 

恐らく皆、給料の高さやボーナス、福利厚生に魅かれ入ってきているのだと。

 

しかしその反面、工場業務である事の昔ながらの理不尽な叱咤激怒、業務の多忙さや人間関係に嫌気をさし会社を辞めていく事も。

 

残業も毎日遅くまであり、定時で帰る事は年に数える程です。

 

繁忙期は14連勤以上も普通でした。

 

基本は土日祝休みなのですが、それも「実は週1休みだったんじゃないのか?」と思う程、休日出勤も多かったのです。

 

私は初めて入った会社故それが普通だと思っていましたが、

 

周りの友達や知り合いと話した所「そこそこブラック会社じゃない?(笑)」とよく言われていました。

 

しかし私が本気で「ブラック会社だ、ここは…」と思ったきっかけは入社して2年と少し経った頃でした。

転職をしようと強く思ったきっかけ

f:id:yaaf:20181005011607j:plain

きっかけは給料明細を見たときでした。

 

会社の都合で使わせてもらえなかった「有給休暇」が根こそぎ抹消したのです。

 

人によって色々な意見があるかもしれませんが、

 

私の周りの同級生が普通に働いて普通に有給休暇を取っている話を聞いていた私には、

 

「衝撃」でした。

 

「ブラック会社だ。」と気づいた瞬間でした。

 

それから私は周りの知り合いに相談を持ち掛け、急速に今の会社に何も未練が無くなったのです。

 

3年目までに会社を辞める決意

決意が固まってから、私の行動は早かったです。

 

自分の中に目標を立てました。

 

「3年目になるまでに転職をする」と。

 

会社を辞める予定の半年前から本格的に動き始めました。

 

転職について必死にネットで調べました。

 

情報を調べている内に「転職サイト」を使う事が自分のやりたい業種が見つかる近道だと気付き、転職大手の「DODA」を使いました。

 

業界最大級の求人数と豊富な非公開求人!/DODAエージェントサービス

 

DODAのエージェントサービスの利点は、専属のキャリアアドバイザーが付いてくれる事です。

 

私も人見知りなのでアドバイザーの方と話す際に最初は緊張していましたが、

とても優しく親身になって話を聞いてくれる方で直ぐに打ち解けたのが印象に残っています。

 

また転職サイトを使う事の一番の便利さはネットで企業とのやり取りが出来る事でした。

 

私は会社を辞めると言っても直ぐに辞めては収入減が無くなるため、ぎりぎりまで働かなければなりません。

(すぐに辞める人もいるかもしれませんが…)

 

つまり今まで通り仕事をこなしていく事、

さらに多忙の日々は続くためなかなか会社を休むことが出来ません。

 

その点、転職サイトでは仕事が終わった後や休日を使いネットでエントリシートを提出し、

面接や試験等の大事な日だけを前もって予定が組めるのは非常に便利でした。

 

 

今の仕事を辞めずに転職活動をする事が出来たのです。

 

私は早速転職活動を本格的に開始しました。

 

転職活動を始める

早速私はDODAに登録しました。

 

DODAのエージェントサービスには通常サイトに比べて80%以上もの非公開求人があると調べて分かっていたので、自分の条件に合う優良企業を探しました。

 

その中に私が学生を卒業する際に働きたいと思っていた「通信インフラの大手大企業」を偶然見つけました。

 

正直、

 

「もう一度この会社に挑戦出来るんだ」

 

と思いました。

 

前回は学校推薦に選ばれなかったので、企業の試験や面接に行く事も出来ませんでした。

 

しかし今度は「過去より一歩前進」できた事を本当に嬉しく思いました。

 

 

 私はエントリーシートの申請をしました。

 

履歴書なども今はスマホのアプリで非常に綺麗なひな形で作る事も出来ます。

 

困った時は履歴書やその他書類、スケジュール等なんでもDODAに質問したら丁寧に回答して下さり、きちんと満足のいくものを仕上げる事が出来ました。

 

 そして想いが通じたのか、エントリシートが通り私は面接をする日程が決まったのです。

 

 人生二度目、正社員になるための面接

私は面接の様々な質問に備え、普段絶対覚えないであろう「面接トークのスキル」を頭に詰め込み希望する会社の本社へと向かいました。

 

正直、1度目の会社の面接の時とは違い「桁違いの面接を受けに来た人数」をみて私は唖然としていました。

 

私もその中の一人なのですが…(笑)

 

緊張し過ぎて頭の中が真っ白のまま面接が終わりました。

 

結果はまた後日メールにて報告するとの事でした。

 

帰り道に「ねぎし」という牛タンのお店に行ってヤケクソに腹がはちきれる程食べてきたのは良い思い出です。

 

後日、企業からメールが届きました。

 

「第一試験おめでとうございます。第二試験は~です。」

 

との事でした。

 

その日は嬉しくて親に相当ダル絡みや自慢をしていました。

 

やっぱりいつになっても「合格通知」とは嬉しいものです…。

 

転職先の第二試験を受ける、そして人生初めての退職届を書く

f:id:yaaf:20181005011421j:plain

第二試験は「SPI」「小論文」「その他筆記試験」でした。

 

勉強というものは学生以来だったので頭が痛くなりました。

(その学生でもまともにやっていない)

 

しかしお得意のネットで情報を調べ、本屋に行き教材を買い必死に勉強をしました。

 

正直、転職を決意しエントリーシートや面接練習も大変でしたが、勉強が苦手な私は

「会社に勤めながら、転職活動のための勉強をする」事が一番苦労しました。

 

しかしこればっかりは逃げるわけにはいきません。

 

「人間、苦手な事でもやらなきゃいけない時があるのです!」

 

自分の人生に関わる事です。

こればっかりは本気で頑張ってください。

 

そして私は仕事と勉強の両立を行い、遂に「第二試験の日」がやってきました。

 

これも正直あんまり覚えてないです。

ただ小論文がズタボロだったなという記憶はあります…。

 

私は本番に弱く、頭が真っ白になってしまうのです(笑)

 

今回も「後日メールにて合格発表をする」との事でした。

 

そして約1か月後、

 

晴れて希望する企業に受かる事が出来たのです!

 

転職活動を思い立ってから本当に色々な事がありましたが、

自分の人生のために「あの時勇気を振り絞って本当に良かった」と思っています。

 

しかし問題はここからが大忙しでした。

 

今勤めている会社に、

 

「退職届」を出さなければいけなかったので。

 

直属の先輩には辞める旨はある程度相談していました。

 

次は上司です。

 

私は隙を伺って上司に

 

「大事なお話があります。」

 

と言い、時間を作って頂きました。

 

そして自分の思いの丈や、これから先やりたい事がある、転職を考えており内定をもらった事など全てを話しました。

 

返事はとても優しいものでした。

 

「お前がどうしてもやりたい事があるなら精一杯頑張って来いよ」と。

 

あれだけ悪く思っていた上長の存在がその時はとても大きく見えました。

 

 

会社を退職して新しい会社へ

f:id:yaaf:20181005011725j:plain

その後も様々な事がありましたが、何はともあれ円満退社をする事が出来ました。

 

新しい会社に入りまた一からやり直す事になりましたが、

 

前の会社より自分の時間が増え、ホワイト企業になりました。

 

自分の時間が増えた事でまた将来を見つめなおす「きっかけ」ができ、こうしてブログを作り記事を書いています。

 

転職をする事は賛否両論かもしれませんが私は、

 

「転職をする事がごく当たり前の世の中」

 

に変化してきていると思っています。

 

急速な時代の変化に生きている私達は、常により良い環境へと挑戦する勇気が大切だと思います。

 

後は冒頭でも述べた、

 

・転職に悩みを持っている人がいたら前向きに考えてほしい。

・あなたの事を必要としている企業は必ずある、だから視野を狭めないでほしい。

 

この2点はこの記事を通して今一度、あなたに伝えたい事です。

 

もし今の環境に不安があるのならあなたも、

 

一歩前に踏み出して挑戦みてはいかがでしょうか。

 

応援しています。

 

最後までお読みいただきありがとうございました。

 

合わせてこちらの記事もどうぞ!

www.yaa-blog.com