富士急ハイランドのおすすめアトラクションを個別評価! 絶叫アトラクションの感想も!

f:id:yaaf:20180918235527j:plain

皆さまこんにちは。

実は私、地元が山梨で以前は富士急ハイランドからとても近い所に住んでいました!

 

富士急に何回行ったことあるの?と聞かれると当時は年に2~3回は行ってたんじゃないかなと。

(※年パス持ってません

 

理由は絶叫系の乗り物がとても好きだからです!

小さい頃から富士急の乗り物に乗っていたのが大きな理由ですね。

 

そんな私が富士急ハイランドの魅力について今回は語らせて頂こうと思います。

入場料無料化も2018年7月14日から本格的に始まりこれから富士急に行こうか迷っている方は是非参考にして頂ければと思っております!

 ①おすすめの絶叫アトラクションを紹介!

富士急と言えば国内有数の絶叫テーマパークであり数多くのアトラクションがあります。

中でも有名なのは、富士急ハイランドの四大コースターとも言われる

「ドドンパ」「高飛車」「ええじゃないか」「FUZIYAMA」です。

一つ一つ私の個人的な感想を含みつつ紹介していきます!

 

その他、私がおすすめなアトラクションも紹介します!

(ざっくりとです!)

 

※絶叫度の表記を付けますがあくまで個人主観となります。

 

ド・ドドンパ

絶叫度 ★★★★☆

最高時速180kmで走行するジェットコースターでかなりハードなアトラクションになっています!

またコース途中に39.7mの垂直ループがあり、何とこの垂直ループ「世界最大級」なっているようです。

(そんなに凄かったんか…)

 

以前はドドンパとして名を知らしていましたが2017年7月15日から「ド・ドドンパ」として大幅なコース変更や最高速度の上昇を行いリニューアルされました。

私は以前の「ドドンパ」である逆Uの字型のレールの方が好みだったのですが、垂直ループもそれはそれで凄い!

 

確かにあの規模で垂直ループを他で体験する事は出来ないですからね!

「ただ逆Uの字型に比べると速度が…、速度が落ちているように感じるんですよ…(小声)」

 

とは言いつつも一筋縄ではいかぬがド・ドドンパ。

何といっても私が一番魅力的に感じているのは、

「カウントダウンからの急激な発進(スタート)」ですね。

あの魂だけ置いて行かれ、先に身体をジェットコースターに持っていかれる感じが凄いです(笑)

 

とにかく最初が衝撃的です。

走っている最中はどんなにスピードが速くてもある程度身体が慣れてきますからね…

 

終わった後の感想は、

 

「(5秒ほど間を置いて)…、はやっ!」

 

でした。笑

初見で乗る際は富士急のアトラクションの中でもトップレベルのインパクトがあり驚かれる事間違いないです。

 

高飛車

絶叫度 ★★★★☆

最大乗車人数8人(2列前後4人ずつ乗車)の小さめなコースターと思わせてこれがまた凄いんです。

最大の魅力はコース中盤のレール落下角度です。

その角度何と「121度」でギネス認定されています。

 

「121度って言われても実際イメージ湧かないわ!」ってなりますよね…

 

私個人の体感的な感じだと、半分逆立ちみたいな体制ですね。そこでコースターが一時停止します

 

また一時停止という所も急にインターバルを与えられるのが高所からの恐怖感煽ってきています。

(私くらいの変態になるとキャッキャッしてます)

 

後は発進時の暗闇走行も魅力的です。

富士急ハイランドは基本的に屋外のコースターしかないため屋内走行があるコースターは高飛車とド・ドンパだけです。

(VRのほぼドドンパやほぼFUZIYAMAは除きます)

ディズニーのアトラクションとかで良くある感じですね!

 

屋内走行は前半だけなので、後半は屋外コースターと2面性で楽しめます!

またコースも7回のひねり回転を加えられているためかなりハードな楽しみ方が出来ます。

 

ええじゃないか

絶叫度 ★★★★★

日本初、世界で2台目の4次元コースター。

約76mの高さから落下しループやひねりを体現しつつコース終了時の総回転数は驚きの14回!もちろんギネス認定されています。

 

富士急のジェットコースターの中でも最もぶっ飛んでいると言える最強コースターです。

 

離れていても目立つ真っ赤に塗られたレールは皆さまも印象深いんじゃないでしょうか。

360°、180°、90°回転が驚くほど連打されます。

どこが魅力かといったら最初から最後までやたら回される事ですかね(笑)

 とにかく回されます。やたら回ります。スピードも最高速度126kmと容赦無しです。

 

悪いようなレビューに聞こえたかもしれませんが私はかなり「ええじゃないか」好きです(笑)

 

こいつばっかりは乗ってみてからのお楽しみとしか言えません。

(適当なレビューだな)

 

皆さんも挑戦してみて下さいね!

 

※ちなみに富士急4大コースターの中では最も待ち時間を要する程(混雑時は3時間オーバーの場合も)人気なのでそれを踏まえてご乗車下さい!

開園直行をおすすめします。

f:id:yaaf:20180918235738j:plain

FUZIYAMA

 絶叫度 ★★★★★

富士急の4大コースターの中で最も古株であり1996年7月17日に開業しました。

しかし古株でありつつも高さ79m、最高速度130km、コース全長2045m(ええじゃないかは1153m)とかなりの高スペックを持つまさにキング・オブ・コースターです。

 

何といっても魅力はコースの長さです。

国内でもトップレベルのコース長とレールの高さで迫ってきます。

実際に乗ると分かりますが本当に長いです!

それと高さもあるから景色がよく見える事…(笑)

富士山の絶景も見れるのがポイントですね!

(その余裕があるか分かりませんが…)

 

ちなみに回転率は良いですがそれでもいつも混雑しているので隙を見て並ぶと良いと思います!

「FUZIYAMA」は富士急の中央に辺りに位置するのでまずは園内の端にある「ええじゃないか」や「ド・ドドンパ」から並ぶと時間効率がいいかなと思います。

色々アトラクションを回っているうちにきっとFUZIYAMAが多少空いているいいタイミングがあると思うので!

 

ちなみに夜はレールがイルミネーションでライトアップされる為、昼間の「FUZIYAMA」とはまた別の雰囲気に変わります。

自身がイルミネーションでありながら乗車中に周りの夜景を一望出来るためそれも一つの魅力かなと思います。

 

ちなみに私は4大コースターで一番「FUZIYAMA」が好きです!(笑)

 

 

テンテコマイ

 絶叫度 ★★★☆☆

 飛行機状の一人乗り用アトラクションに乗り高さ32mまで上昇、横回転するアトラクションに対して自ら飛行機の翼を動かすことで機体を更に回転させるというかなり変わった仕様になっています。

 

本人の実力次第では永遠に高速回転し続け、まさにてんてこ舞い状態!

頑張りすぎると人によっては気持ち悪くなるかもしれません…

 

ただこのアトラクション、非常にやり込み要素が強く数多くのリピーターを作っています。

乗車回ごとに一番多く回転した人にその場で称賛するためちょっとしたドヤ顔が出来ます!(笑)

 

ココだけの話、私の最高回転数は63回です!(上位者の方を見ると100回以上の方が沢山…)

皆さまもぜひ無限の回転を求めて挑戦してみて下さい!

 

※今はもうやっていませんが、昔は回転数トップ5位に対して、回転数×1000円の奨励金が貰えたんですよ!

 

ナガシマスカ

 絶叫度 ★★★☆☆

先に言っておきます。

「濡れます。ずぶ濡れです。はい」

 

 

最大4人乗りの円型ボートで水上を流されながら楽しむラフティングアトラクションです。

水上アトラクションにしてはコース全長500mの長さで中々ボリューミーな内容になっています。

 

水上を流されながらなんて甘い表現をしてしまいましたが実態は激流の上を走行している感じです(笑)

場合によっては服が絞れる程濡れます

濡れたくない方は入り口でポンチョを販売しているため購入して下さい。

※ポンチョは1枚100円です。

 

夏に乗れば涼しくて最高です!

水上アトラクションという事で季節感ともマッチしていますので。

(ただ暖かくなるとやはり混雑してきますので注意です)

 

冬は…辞めておきましょうね!正直、寒いだけなので!

(それでも乗りたい方はどうぞ…あえて寒い時期に乗って己を戒めるのもアリでしょう)

f:id:yaaf:20180918235404j:plain

 

トンデミーナ

 絶叫度 ★★★☆☆

大型円盤型座席に乗り回転しながら振り子のようにスイングします!

(アトラクションのイメージはピザーラのピザだとか)

 

最高地上高は43m、最大傾斜角度は120度、最高速度は102kmと中々のアトラクションになっています。

 

手軽に行けるようでしっかりと絶叫を楽しめるので中盤辺りに行くのにおすすめのアトラクションです!

乗車中は風に強く当たるので基本的に気温が温かいうち(日中)に行くと涼しくて気持ちいいですね!

 

レッドタワー

 絶叫度 ★★★☆☆

 高さ52mまで上昇後、最高速度65kmで一気に垂直降下するタワーアトラクションです。

こういったアトラクションは類似するものが複数あるので馴染み深いかもしれませんが、相変わらず安定した絶叫を届けてくれます。

私の感想は、「垂直降下ってジェットコースターの落下の仕方より妙に怖い…」です!

 

クールジャッパーン

 絶叫度 ★★★☆☆

 

「濡れます。」

 

「ちょっとしたジェットコースターみたいな感じです。」

 

 「あと濡れます。」

 

 

 

 

パニックロック

 絶叫度 ★★☆☆☆

最初に謝罪します。

クールジャッパーンの説明が適当過ぎて申し訳ございませんでした。

 

いや、もう本当にそれしか自分の感想が無かったです(笑)

 

気を取り直してパニックロックですね!

こちらは時速50kmで360°回転する、時計をイメージしたアトラクションになっています。

秀でた絶叫さはそんなにありませんが、だからこそファミリーや絶叫が苦手な方も比較的乗りやすいアトラクションです。

 

遊覧船の延長線上のような形ですが360°回転するそこだけは侮れません!

絶叫が得意な方はちょっとしたブレイクタイムとしておすすめです。

鉄骨番長

 絶叫度 ★★☆☆☆

2人乗りのブランコで59mまで上昇、回転するというまさに空中ブランコの上位互換バージョン!

高い所が苦手な人はより恐怖を感じるアトラクションになっています。

 

ただ高所が平気な方なら周りの景色を一望しながら一呼吸おける休憩ポイントになるかもしれませんね!(笑)

 

マッドマウス

 絶叫度 ★★☆☆☆

名の通り小さめの2人乗りミニジェットコースターになっています。

しかし絶叫こそしなくとも軽い気持ちで乗るとその激しさにびっくりする事間違いないです!

何がそんなにびっくりするの?と言われると…

 

カーブごとの荒々しさが半端じゃないです!」の一言に尽きます(笑)

 

右へ左へ急旋回するその様は甘く見ていると笑いが止まらないくらい楽しいです。

ジェットコースターの肩慣らしには丁度良いんじゃないでしょうか。

 

利用者には子連れの家族やカップルが多いイメージです。

 f:id:yaaf:20180919000405j:plain

 

②もう一つの絶叫!国内最大規模のお化け屋敷「絶凶・戦慄迷宮」

 富士急と言えば皆さまも聞いたことあるはず、世界一長いお化け屋敷として過去にギネス認定もされている「戦慄迷宮」です。

2年ごとにリニューアルを繰り返しその恐怖度を刻々と増しています。

2015年7月25日にはサウンドタイプのお化け屋敷「血に飢えた病棟」も加わり歩かなくても恐怖体験をする事が出来るようになりました。

それでは実際に何度か入っている私の感想を述べていこうと思います。

 

絶凶・戦慄迷宮~収容病棟篇~

 絶叫度 ★★★★★

歩行距離約900mとほぼ1km近い国内有数のお化け屋敷です。

五感(視覚、聴覚、触覚、味覚、嗅覚)の殆どを刺激してくるハイクオリティの仕上がりはまさに本物の病院の廃墟に入っているようです。

リタイア口が複数用意され2割の入場者があまりの恐怖に途中断念しリタイアされるみたいです!

また注目のポイントはアクター(お化け役)の方々のクオリティが相当ハイレベルな事です…。

特殊メイクで雰囲気が完全に本物のソレです…。

 

戦慄迷宮のストーリーはこちらです。

 

部隊は患者に惨い人体実験を繰り返し、監禁した「収容病棟」が存在した廃病院。かつてこの病院では猟奇的な人体実験が繰り返され、その餌食になった患者が大勢いたという。その患者たちはどんな末路を辿ったのか?巨大病院に隠された''闇''が明らかになっていき…。

 

病院で人体実験!???

ウィルス兵器を作る研究所みたいなお話になってますね(笑)

 

…と、まあここからは私の感想を語ります。

※ネタバレという程では無いですが、何も情報を知りたくない方は飛ばして下さい。

 

 

 

 

 実は私、2003年の設立当初からお世話になっており富士急に遊びに行く度に戦慄迷宮にも行っておりました。(笑)

最初の頃は歩行距離500mだったのですがそれでも相当長く感じたのを覚えていますね…

(今はその約2倍の長さ)

年々グレードアップしていってますね。

 

設立当初の頃は入場したらスタッフの方々から注意事項の説明を受け、さっそく本番開始!って形で最初に記念写真を撮りました。

(ここにある罠が…)

 

今はスタッフの注意喚起後に個別にとある映像を見せられます。

(これがまた映像がリアルで怖い!)

 

その後に従来の写真撮影と同じ流れで入場開始です。

暗闇で危険なので懐中電灯を渡されます。

 

中は本物の病院に似せて作られており「死体安置所」「焼却所」「手術室」「病室」など盛り沢山です。

 

私が一番怖かったのはストレートの長い廊下があるのですがそこですね…。

廊下の先も気になるけど後ろも気になる…みたいな感情を煽られます。

(あまり深くは語らないでおきます…)

 

音や臭いもかなり拘りがあるそうで、始終不気味な声や謎の器具の音、消毒液なのかホコリ臭さなのか分かりませんが変な臭いがします。

ルートに関しては途中リタイア口があるくらいで、分岐等は無いので支持通り進んでいく形になります。

階段の昇り降りは何度かあります。

 

詳しいネタバレなどはしませんが、間違いなく本物の廃墟に行っている方でも恐怖する内容になっています。

廃墟は廃墟で恐ろしいですが、戦慄迷宮も私は何度行っても慣れないです。

 

見所はゴール手前の場所なので勇気がある方はぜひ最後まで挑戦してみる事をオススメします。

(お金もフリーパス外なので最後までクリア出来ないと勿体ないですからね!)

 

富士急の大きな魅力のうちの一つのウォークスルーアクションなので記念に行ってみて下さいね!

 (ただ行って、後悔だけはしないように!現場からは以上!)

 

絶凶・戦慄迷宮~血に飢えた病棟~

 絶叫度 ★★★☆☆

戦慄迷宮のすぐ隣にある3D音響型サウンドホラーアトラクションです。

 

 戦慄迷宮とは違い歩く必要が無いので手軽に怖さを体感したいならオススメです!

音だけで恐怖を煽ってくる感じになるので腹を括っていればそんなに怖くはないです!(笑)

 

体験中は時間を長く感じましたが、実際は5分程なので苦手な方も頑張ればクリア出来ると思います!

 

感想は終始悲鳴ばっかりなので賑やかと感じました。(笑)

隣で殺される女性の声をひたすら聞くのでホラー要素よりはグロ要素の方が強い感じです…

怖くは無いけど悪趣味でした…

 

怖くなったらイヤホンも外せますので少し涼しい思いをしてみたいのなら行ってみてもいいですね!

 

 

以上、富士急ハイランドの絶叫アトラクションの魅力紹介を終わります!

ちょっと長くなってしまいましたがいかがでしたでしょうか?

 

入園料無料化でまた注目を浴びている富士急です!皆さまもぜひ遊びに行ってみてくださいね!

 

富士急周辺の施設についてまとめましたのでこちらの記事もあわせてどうぞ!

www.yaa-blog.com

 

最後までお読みいただきありがとうございました。